琢朗side ♯6



堕胎の同意書だった。母の名前のところには、滲んだ文字で夕希の名が認められている。

「……」

どんな思いで、この名前を書いたのか。夕希の心情を思いやるだけで、琢朗まで胸にぽかりと穴が空いたような気持ちになる。

「じゃあ、俺も書くよ」

ペンを取って、夕希の手にした紙を受け取ろうとすると、夕希はその用紙をひしと胸に抱え込む。

自分に書かせるために出したんじゃないのか。意外な思いに打たれたまま、琢朗の手は宙に留まる。

 

「…いいっ。上條くんには迷惑掛けない。こ、これだって私文書偽造だからね。大丈夫、パートナーのサインが無くたって、手術は受けられる」

「…それは、知ってるけど」

母体保護法という法律だ。無論、原則は両親共にサインをしてから、中絶の手術は受けるのが望ましい。けれど、人にはそれぞれ事情がある。望まない妊娠、死別、…既婚者との間の子ども。同意書を貰えない事情は山程ある。

その場合は、母親ひとりのサインでも、手術は受けられることになっているのだ。

「ちゃんと、病院にも確かめたから」

「……」


『上條くんに迷惑は掛けない』

…掛けて欲しいんだと、言ったら、きっとまた夕希は困った顔をするのだろう。

懐に入ったと思ったら、またいつ飛び立とうかと空を見上げてる。いつになっても、夕希は琢朗を正面から見ようとしない。

そう」

握りしめたボールペンを琢朗はテーブルの上に置く。ぽたりと茶色のテーブルに無色の雫が落ちて、何事かと首をもたげると、夕希は瞳からぽろぽろ涙を流していた。

 

「らい、しゅう…手術、受けて…くる…から…っ」

見ると、書類と一緒に、夕希はエコー写真も握りしめていた。雑誌などで見たことはあるが、本物を目にするのは、琢朗も初めてだ。

夕希の手のひらの隙間から、10w2dの文字が見えた。

「私の罪。せめて、ひとりくらい…知ってて欲しかったから…」

「…糸井さんのせいじゃないよ」

少しでも夕希の心を軽くしたくて、琢朗は言う。けれど、夕希はぶんぶん首を左右に振った。

 

「抱いて欲しい、って言ったの…私だもん…」

「……」

望んだのが夕希だったとしても。男の方が罪も責任も大きいと、琢朗は思う。法の名の下に、彼を追い詰めて追い詰めて、家庭にも会社にも居場所がなくなるくらい、すべてを明らかにしてやりたい。

けれど、当の夕希はそれを望んでない。親告罪って厄介だ。

 

「糸井さん」

名を呼んで、彼女の身体を柔らかく優しく抱きしめると、夕希は身体を硬直させた。けれど。すぐに琢朗の胸に顔を埋めて泣きじゃくり始める。

「ごめんねごめんね…」

啜り泣きの合間合間に挟まれる謝罪の言葉が、琢朗の耳に残った。

 

泣いて泣いて、少し落ち着いたのか、夕希は顔を上げて、泣きはらした瞳で琢朗を見つめた。

「これ、上條くん、持っててくれない…」

夕希が琢朗に渡したのは、夕希の胎内の様子を写した写真だった。

自分で持っているのは辛い。でも捨てることも出来ない。自分で葬ろうと決めた命が存在した証を。

「…うん…」

琢朗は大事にその写真を受け取る。

10週目に入ったところらしいその生命は、朧気ではあるけれど、手も脚も胴も頭もあった。こんな頃から、人の形をしているのだ。

 

「手術終わったら、ここ…来ても、いい…?」

「…うん…」

 

住環境が変われば、夕希も新しい気持になれるかもしれない。過去は忘れられなくても、人は前を、未来を見て生きることが出来る。

 

けれど、夕希の気持を過去に揺り戻すような事件が起きた。

 

峰淳弥が刺されたのだ。夕希を庇って。

 

 


                                  back

      next